Feeds:
Posts
Comments

Blue pond

DSCF8259 (2) (1024x683)

 

The Aoi-ike is a really blue pond.

The “Aoi-ike” which means “A blue pond” in Japanese (Aoi -> blue, ike -> pond).
It is located in the Biei and it takes about 30 min by car to get there from Asahikawa.

The Aoi-ike has been popular in the past few years in japan,
because of the beauty of the pond with blue water.
(But I was wondering the Aoi-ike is really blue pond.)

My parents happened to visit us last week,
so I took them to the Aoi-ike.
For us, it was the first time to see the Aoi-ike.

When I saw it, I was impressed the beauty of the blue pond.
It was really blue and amazingly beautiful.

From the explanation of the guide plate,
the Aoi-ike is not the pond that has been naturally made.
In 1988, a dam was made around there to prevent the Biei people from the volcanic hazard.
After the construction of the dam, the water was gradually gathering at the outside of the dam, making a pond with blue water.

There are some opinions explaining why the water is blue,
however, the exact mechanism is not fully understood.

Advertisements

Uh!!

I have not been updating for a long time !!

(Busy enjoying twitter or facebook, but little bit getting bored the facebook, though)

A boy goes after pigeons

wpid-1370753867886.jpg
XE-1, XF18mm, In Tokiwa Park

We are having hot days here.
I like to get on a bicycle in a hot day.
The breeze makes me comfortable when I am riding.

Mount-asahi

やま
X-E1, XF18-55mm

The mount asahi two weeks ago.

I took the picture when I was returning from Higashikawa after having lunch at pitza-tei. The high temperature of the day was 20 to 25 ℃ and it was a sunny day. Yet, it seems that much snow remains on the mount-asahi.

  前回の記事に引き続き、Lumia 620(WP8)によるiモードメールの送受信の設定について、自身の備忘録として記録したいと思う。

  まず、サーバーの立ち上げからimotenの設定は、前回の記事でも紹介したこちら http://www.kyoji-kuzunoha.com/2012/12/sim-free-iphone-docomo-mail-outlook-com.html を参考にした。ただし、imoten.iniについては以下のように書き換えた。

-------------------------

docomo.id=i mode.netのID (携帯番号)
docomo.passwd=i mode.netのパスワード
smtp.server=smtp.mail.yahoo.co.jp
smtp.port=587
smtp.connecttimeout=10
smtp.timeout=30
smtp.tls=true
smtp.ssl=true
smtp.from=ヤフーID@yahoo.co.jp
smtp.auth.user=ヤフーID
smtp.auth.passwd=ヤフーパスワード
forward.to=ヤフーID@yahoo.co.jp
forward.rewriteaddress=false
forward.headertobody=false
forward.subject.charconvfile=../conv/genDocomo2sb.csv
mail.encode=UTF-8
mail.contenttransferencoding=7bit
mail.fontfamily=Hiragino Kaku Gothic ProN
mail.emojiverticalalign=text-bottom
mail.emojisize=15px
mail.emojiverticalalignhtml=baseline
mail.emojisizehtml=14pxemojireplace.subject=false
emojireplace.body=inlinesender.smtp.port=587
sender.smtp.user=なんでも良い
sender.smtp.passwd=なんでも良い

sender.charconvfile=../conv/unicode2docomo.csv,../conv/genSb2docomo.csv
sender.convertsoftbanksjis=true
sender.stripiphonequote=true
sender.docomostylesubject=trueimodenet.checkinterval=10
imodenet.logininterval=30
save.cookie=true
-------------------------

  携帯側の設定は、まず、設定のところの「メール+アカウント」に行く。アカウント追加をタップし、一番下にある「詳細校正」からアカウントを作成する。ヤフーIDとパスワードを入力すると、構成するアカウントの種類をExchange ActiveSyncにするかインターネットメールにするか聞かれるので、後者を選択する。アカウント名や名前は好きなのを付け、受信メールサーバーは「imap.mail.yahoo.co.jp」とする。アカウントの種類は「IMAP4」を選択し、ユーザー名とパスワードにそれぞれヤフーIDとヤフーパスワードを入力する。送信(smtp)メールサーバーは立ち上げたサーバーのipアドレスを入力する。「メールの送信に同じユーザー名とパスワードを使用する」のチェックをはずし、送信サーバーのログイン情報のユーザー名とパスワードをそれぞれimoten.iniで設定したsender.smtp.userとsender.smtp.passwdを入力する。最後に、「詳細設定」のなかの「送信メールにSSLを使用する」のチェックをはずしてメーラーの設定が完了する。

  この方法だと、新規にアドレスを1つだけ取得しておけば良いのだが、受信間隔が最短でも15分しか指定できない。送られてきたメールをすぐに携帯で受信したかったので、新たにoutlook.comのメールを取得した。imoten.iniのforward.toで設定したメールアドレスをコンマで区切って、outlook.comで取得したメールアドレスを入力すると、outlook.comのメールはプッシュ受信対応なので、転送されてきたメールがすぐに携帯に送られるようになった。ただし、メールボックスを2つ管理するわずらわしさは残るが、、、。

  ところで、VPSは乗っ取られると怖いという情報をインターネットで見つけたのだが、とりあえず、ファイアーウォールの設定とSSHの変更、rootパスワードの変更(さくらのVPSは、初期設定は8ケタの英数字だったが、大文字小文字記号を加えた20ケタのパスワードに変更)を行った。ファイアーウォールの設定とSSHの変更も「くずのは探偵事務所」さんのホームページを参考にした。近々、送信メールのSSL化と、SSHアクセスの変更(だったかな?)にトライしたいと考えている。

  これでLumia 620をメイン携帯にしない理由が無くなった。最近、職場にSurface RTを導入したのだが、出張時にLumia 620でテザリングしながら、ドヤガオでスタバでSurface RTをいじるのが今から楽しみだ(大いなる勘違いと自己満)。

  今回のLumia 620におけるiモードメールの送受信に関しては、「くずは探偵事務所」さんのホームページに非常にお世話になった。ここに多大なる感謝の意を表したい。

先日、Windows PhoneのLumia 620を輸入した。

 

wp_ss_20130410_0007

トップ画面(ほとんど整理していませんが)

 

Lumia 620は見た目もスタイリッシュで質感があり、Windows Phone 8のUIは操作していて面白く、メインで使いたくなる機種である。しかしいかんせん、iモードメールが使えないという、自分にとっては非常に大きな欠点がある。

 

そこで、Windows Phoneでiモードメールを送受信できないか、インターネットを使って色々と調べてみると、imotenというものを使ってiPhoneでのiモードメールの送受信を可能にしている人のホームページ(http://www.kyoji-kuzunoha.com/ )にたどり着いた。imotenとは、超ザックリと説明すると、サーバーにimotenに常駐させ、i mode.netのホームページから新着メールを端末のメールソフトに自動で転送させる仕組みだ。絵文字入りのメールの送信さえもOKな優れもののようだ。

 

しかし、imotenの導入例のほとんどがSIMフリーのiPhoneによるもので、Windows Phone 8での例はほとんどなかった。が、Lumia 620でのiモードメールの送受信に成功したというブログ記事を発見し(http://webdesign-screeming.tumblr.com/)、私もそれに感化され、トライすることにした。

 

自分はサーバーなんぞ全く立ち上げたこともないド素人なのだが、「くずのは探偵事務所さん」の めちゃくちゃ親切で分かり易い説明のおかげで(http://www.kyoji-kuzunoha.com/2012/12/sim-free-iphone-docomo-mail-outlook-com.html)、Lumia 620でのiモードメールの送受信が、絵文字の使用は無理ではあったが、可能となった。立ち上げは、思っていたほど時間もかからなかった(賞味三日)。

 

サーバーの立ち上げから設定にいたるまで、上述した「くずのは探偵事務所さん」のホームページを参考にすれば意外と簡単にできてしまう。しかし、最後のメーラーの設定は、iPhoneと同じメーラーが使えないために少し時間がかかってしまった。また、imoten.iniの中身もそれ用に少し書き換えた。次回の記事で、自分のための備忘録として、メーラーの設定とimoten.iniの書き換えについてまとめたいと思う。

Sapporo – 2 –

DSCF4229 (500x333)

XE-1, XF35mm, f3.6, 1/1800, 0,ISO400

I went to the Sapporo Snow festival last month. This was the second time that I’ve gone to the festival.

When I went to the festival for the fist time, I was an elementary school student (more than 20 years ago). Although I can slightly remember how the festival was at the time, there might have been many snow sculptures which pleased us a lot. But when I went to the festival this winter, there were less snow sculptures than I had imagined. Instead, there were many street food stalls. It might be my misunderstanding, but I heard someone telling his friend “this snow festival is like the food festival, because there are lots of street food stalls”. Nonetheless, there were big sculptures of some anime characters that are very very attractive. There will not be many people who think that the snow festival is like like the food festival.

Although it was not the one that I had imagined, I was totally satisfied with the Sapporo Snow festival.